(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

臨機応変に対応する

一旦コーチングセッションが始まると
コーチはクライアントがどんな話題を持ち出そうと
それを真剣に受け止め
柔軟に対応することが必要です。

つまり、コーチングを引っ張るのはクライアントであり
コーチは常にどんな方向にもついていけるように準備をしておかなければなりません。

したがって、いかに前もって次の質問を用意したり
どんなスキルを使おうかと考えたりしても
実際に何が必要とされるのかはその瞬間が来るまではわからないのです。
d0124836_2319531.jpg

確かに。。

第2回目からは、どんな方向へクライアントの話が進むのか
楽しみでもあります。
[PR]
by minxpipi | 2007-10-15 23:21 |