(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

クライアントに関心をもつ

本日、コーチングセッションデーでした。

前回のセッションで、これまでの1ヶ月を振り返り
クライアントさんに感想を聞いてみたところ「うやむやでした。」という答えを聞かせてもらったことで、コーチとしてこれからの改善点について
来る日も来る日も考えておりました。
マイコーチに聞いたり、本を読んだり、セミナーでも積極的に学んできました。

そして、今までの振り返りを自分でも行い
大きな改善点として「クライアントさんに関心をもつ」ということに焦点をあて望んでみました。

今日のクライアントさんは、最初から前回となにかが違っていて
私の短い質問にも
「う~ん。。」と言いながらも、深く内面を見つめるという作業を行っているように見えました。
コーチの私は、あらかじめ質問を用意することも無く
ただただ、クラインアントさんに関心を持ち
前回、リスニング対応が不十分だったことをふまえ
質問をし、よく聴いて、ポイントミラーバックを行う
ということだけを繰り返しているうちに
クライアントさんが、自分のことを次々と話し始めてくれました。
本当に、私はついていくだけというセッションをすることができました。

1ヶ月かけて「うやむや」だったことを振り返ったことにより
クライアントさん自身も、もっと有意義なセッションをしたいと思ってくれていました。
また、コーチに質問しても良いんだと思ってくれたようで
今日は自由で充実したセッションを行うことが出来た気がして
嬉しくてマイコーチに連絡したくなるほどでした。

「うやむや」だった1ヶ月も、クライアントさんにとって決して無駄ではなかったということですね。

次回からのセッションがさらに楽しみになっています。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-16 00:00 | コーチング