(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

支援型講師

「ムダ!な研修」の本の中で
現代に求められている講師像が書かれていました。

受講者からの問いかけがあったとき
「あなたはどうしたら良いと思いますか?」
「○○ということですね。ではそれに対して私には何ができるでしょうか。」
(あなたのやることを支援しますという意思表示)
と言った支援型講師が求められているのだそうです。

それと、ワークなどやったことに対し必ず褒める。

この二つが「良いのはわかっても、つい指示命令・注意非難・説教説得をしてしまいなかなか実行出来ない。」と書かれていました。

が。

これはまさに普段からコーチなら使っている言葉で、コーチの得意分野ではないですか~!


研修の最後にはアンケートをしてもらうために
過去に自分が受けたセミナーなどを参考に組み立てていたのですが
そのポイントとしては
振り返り・フィードバック
それにもう一つ「コミットメント」とありました。
これもコーチングでは毎回と言って良いほど使われるものですね。

あと、事前準備の中で
講師側の準備は、着々と進めているのですが
研修を行う側(企業側)に対して、事前アンケートを行うと
講師が内容に関して手直しが出来たり、事例に工夫ができ
そうすることによって、受講者の充実度が増して成果を出しやすいのだそうです。

なんだか上手く出来そうな気がしてきました。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-19 20:39 |