(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

メンタルコーチング

先日のPHPの講師でもある石川コーチの
具体例として良くあげられるのが、北海道日本ハムファイターズに関する事柄です。
日ハムがこれほどの結果を残している理由の一つに、コーチングが上手く機能して強いチームになったという事実は
コーチの私にとってはすぐに納得できますが
周りのチームにはそう捉えられていないのだそうです。

そのファイターズに、いち早くコーチングを取り入れたのが
白井ヘッドコーチです。
d0124836_22392995.jpg

2軍監督に就任当時は、このコーチングが周りに理解されにくく
他の監督、コーチ、ファンからも罵声を浴びたりなどの苦悩があったそうです。

ですが白井ヘッドコーチはブレルことなく続けたのです。

白井ヘッドコーチは
「基本、選手が何をしようと、選手の自由に任せています。」と発言することがあり
そうすると「なにを甘いことを言っているんだ」という批判や「勝手きままに振舞ってよい」と受け取る人もいたといいます。
ですが彼は、「自由にしていいよ」のあとに必ず付け加える言葉がありました。

試合が始まるときに「よし!今日は打ってやるぞ!」「打つぞ任しとけ!」と思って打つか
「三振しそうだなぁ・・・」「相手のピッチャー・・・嫌な感じがするなぁ・・」と思って打つのと
君はどちらがいいと思う?
「打つ気でいく」か「まだ結果が出てないのに結果を気にしながら打つか」のどちらを選ぶ?
さらに君が監督ならどちらの選手をつかう?
とう具合に付け加えると、選手の答えが明らかになるそうです。

こう問いかけることによって、選手はサボった結果の責任は本人にあるということを自覚できるため、自由が楽ではなく、むしろ苦であることを知るのだそうです。

このように、選手一人ひとりが、会社なら社員ひとりひとりがやる気になってくれたら
素晴らしい結果を生み出すということを、まさに結果を出すという形で教えてくれましたね。

その「やる気」を出すためのいろいろなヒントが書かれた本でした。

コーチがブレなければ、クライアントは必ず結果を出すということですね。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-20 22:55 |