(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

主体性

「主体性を発揮する」

言葉の持つ影響というのは良く聞く話です。

ネガティブな言葉や、否定形な言葉には
その言葉の影響を自分自身が受けるということ。

主体性について考えたときにも
反応的な言葉は、自らの責任を逃れているものというようにも聞こえることがあります。

「あの人のせいでイライラする」とか
「あの人がもっと優しかったら仕事も上手くいくのに」
(ここに書くのも躊躇われますが。。)

周りの状況やほかの人の行動が、自分の幸せや仕事のキャリアまでも
制限していることになります。

それに対して
「他のやり方を考えてみよう」
「自分の感情は自分のもの。自分で選択してコントロールしよう」
というようなものが主体的な言葉と言えます。

そこにある事実は一つですが
外的な要因のせいばかりにしていては
お互いの成長に制限をかけることになるのではないだろうかと
考えます。

今ここで、自分が出来ること
つまり「自分が影響を与えられること」にエネルギーを注ぐ方が
周りの何かを動かそうとするより
よっぽど早道な気がします。
[PR]
by minxpipi | 2008-09-04 19:08 | コーチング