(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

どう見るか

最近特に感じていることは
「相手をどう見ているか」ということについて。

アサーティブネスの学びを深く進めるにつれて
このシンプルなことがいかに重要かが分かってきました。

コーチとして相手と関わっている場合
当然、相手の可能性や存在も含めて100%信じて
その人がなりたい姿になれるよう
十分に力を発揮できるようにサポートしています。

では日々のコミュニケーションではどうだろうと考えたとき
相手をどう見ているか?



例えば、フィードバックをもらいたい相手とは自分にとってどんな存在かと考えてみると
私にとっては「自分を肯定的に見てくれている人」なのかもしれないと思いました。

自分を肯定的に見てくれている人からもらうのであれば
例え私自身にまだ成長の余地がある未熟な部分に関してコメントをもらったとしても
ありがたく受け止められると思うのです。
逆に、肯定的に見られていない人からの言葉は
消化するのに時間がかかります。

しかもこの「肯定的に見てくれているかどうか」は主観であり体感であり
言語化するのが難しいのですが・・・
人ってこの辺りを、かなり敏感に感じ取るものだと思うのです。

自分が関われる人には限りがあります。
だからこそ、関われた方には肯定的な視線で関わりたいと思います。

あなたがフィードバックをもらいたい人は誰ですか?
[PR]
by minxpipi | 2009-04-01 18:17 | コーチング