(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

カテゴリ:コーチング( 29 )

承認

100を超えるコーチングスキルの中でも
重要とされる「承認」。

本日コーチングセッションで
「やる気がでないので、どうにかしたい」という取り組みがありました。
結果的には良い方向へ進み終了したのですが
その中で
やる気が出る条件はどんなものか聞いてみると
「やっぱ上司に褒められることですよ~」

おぉ~。

様々な場面で、管理職・経営者の方々に伝えられてきている「承認」の中でも
「結果承認」(やった結果が良いときだけ褒める)
の難しさをとても詳しく聞かせてもらえました。

上司は、最初は褒めてくれてたのに、最近はさっぱり褒めてくれない。
しかもトーンダウンしてる。
最初よりフレッシュさがない。
こんなに頑張ってやってるのに、当たり前に思われているように感じる。

せっかく「褒める」ことを伝えていても
前回よりもっと激しく褒めないと効力が出なくなる場合があるのが
この「結果承認」です。

これが「事実承認」(相手がしている事実を伝える)に+して
「Iメッセージ」(そのことで感じた自分の今の気持ち)があれば
どう変わったのだろうか?

相手に真っ直ぐに伝わる言葉で伝えることが
お互いにとって、より力強いのだろう
ということを教えてくれたセッションでした。

(でも・・・トーンダウンしているにせよ、褒めてくれる上司って素敵だと個人的には思いました。。)網走 コーチング
[PR]
by minxpipi | 2008-03-11 23:48 | コーチング

力を発揮する

先日のコーチングセッションで

「本当はこうしたら良いと思っているけれど、上司に遠慮があってしてなかったんです」

普段、ライフベースのセッションをしている彼女が
自分から仕事の話を持ち出してきました。

コーチの私が「○○をしてはいけない指示が上司からあったのですか?」と
素朴な疑問として聞いてみると

「あ。ないです、ないです。勝手にそう思い込んでました。明日からやります!」

とても力強い言葉でした。

なにか特別な問いかけをしたわけではないけれど
自分の考えが「思い込み」だったことに気が付いて
明らかにモチベーションがアップしていきました。

彼女が持つ本来の力を発揮してくれることに期待します。
[PR]
by minxpipi | 2008-02-14 09:05 | コーチング

打つ手は・・・

今日のセッションは
ある意味準備万端・気合十分で取り組んだのですが

う~ん。。。

私は彼にどうなって欲しかったのだろうか?

もちろん、セッションゴールに向かうために
数々の弾を撃ったのだが。

今までにない出来事を一つあげるとしたら
彼は自分の中に答えを探しに行っていた。

これはお互いに認識できる事実だ。

ということは
これ自体がすごい進歩だ。

やっぱり彼はすごいことを叶える人なのだ。

まだまだ持ち弾はたくさん残っている。
どんどん撃っていこう。

打たない弾は100%の確率であたらないのだから。
[PR]
by minxpipi | 2008-01-25 00:24 | コーチング

コーチング・・・

コーチとして始動してからというもの
毎日コーチング関連のお仕事をしていて
すっかりコーチング漬けです。。

今週は昨日が祝日だったこともあり
かなりタイトなスケジュールになっています。
今日も例外ではなく、todoリストに沿ってお仕事をこなしていたそんなとき
郵便物が届いたのでチェックしていると
えっ!?
d0124836_2357051.jpg

コーチとして招待?!
天下の大○さんが、なぜに私がコーチだということをご存知で?!

とても驚いて急いで開きましたら・・・

バックのブランドさんの「コーチ」でした。(笑)

今日は「和み」ネタでした。網走 コーチング
[PR]
by minxpipi | 2008-01-16 00:03 | コーチング

初回

本日コーチとしての仕事始めでした。

初回セッションを終えて
クライアントさんから
「すっきりしました。」というフィードバックをいただいて
まずは「ほっとした」というのが率直な感想です。

話したい量が圧倒的に多いクライアントさんなので
私は求められたときに意見を述べたり
話されたことを整理したりすることが主となってきます。

本来なりたい姿はすでに聞いてあるので
私はいつもそれに沿った考えや思いを持って
接していくのみです。

クライアントさんからは「ラブマネー」を頂いたという
感謝の気持ちを忘れずに
クライアントさんが求める結果を出すために
コーチとして一生懸命取り組んで行きたいと強く思っています。
[PR]
by minxpipi | 2008-01-11 01:22 | コーチング

急成長

あっという間の1週間が過ぎ
今日はコーチングセッションデーでした。
セッションを始めて、ちょうど2ヶ月が経ち
今回10回目のセッションだった彼女が
「コーチングを受けてから私変わったんです。」
自分の変化に気がついていて
私が聞く前に率直な感想と現状を話してくれました。

ネガティブな自分を変えたいと初回に言っていた彼女ですが
毎回自分で決めた課題に積極的に取り組み
セッション中には必ず気づきがあり
宣言したことについて必ず行動を起こし
結果についても正直に報告してくれていました。
それを初回オリエンテーションを除く9回行った結果
自分の夢や目標であった姿に、すでになっていることに驚き
この2ヶ月での自分のことを「急成長しました。」と話してくれました。

コーチングをもっと早く受けていたら・・・
もっと早く今の自分であったなら、もっともっと自分の人生を楽しめただろうにとも言ってくれました。
そして、今後もずっと人生が右肩上がりであり続けることはないだろうけれど
この先もし沈むようなことがあっても、今なら上手く乗り来れられそうだと・・・
自分のことをネガティブだと言っていたことすら
遠い昔のことのようでした。

コーチングは万能ではないけれど
こんなにもクライアントの成長や前進の手助けが出来ることは
私にとって、今までに経験したことの無い喜びです。

今後もコーチとして前進あるのみです。
[PR]
by minxpipi | 2007-12-13 00:05 | コーチング

コーチングパワー

本日コーチングセッションデーでした。

お一人目の彼女は
入社3週目、今日が3回目のセッションです。

私が待機している部屋の扉を開けるなり
満面の笑みで「おはようございまーす!!」
「明るくてとても元気な挨拶ですね!どんな1週間でしたか?」
「はいっ!もう早くコーチに報告したくてしたくって~!!」

彼女、実は前回のセッションのとき
開始とほぼ同時に大粒の涙を流していたんです。
これまで勤めてきた職種と全く違う世界であることや
コミュニケーションが上手く取れない気がしていることなど
不安で不安でたまらない気持ちを抱えていたのです。
そこへ、コーチの私が「質問」という水を一滴たらしてしまったことで
満タンになっていた感情のコップから、一気にあふれ出してしまったのです。

その後、気を取り直した彼女と
ゆっくりとセッションを進め
妥当性承認を使って気持ちをほぐしたり
パワフル思考へ気持ちが向かうような
視点を変える質問をしたりしたのですが
今回、これほどの変化があるとは予想外でした。

前回のセッションの後、急に気持ちが軽くなって
セッションで気づいたことを、つぎつぎにトライしているうちに
仕事を覚えることが、楽しくて楽しくてしょうがなくなったのだそうです。

彼女は本当に素直で、私の言葉にも真剣に耳を傾けてくれ
オープンに自分の気持ちを話してくれる
コーチングが上手く機能すると言われている、クライアントの条件を全て満たしているのです。

これぞコーチングパワー!と言えるものを体感し
コーチの私もパワーをもらいました。

コーチという仕事は本当に素晴らしいものです。網走 コーチング
[PR]
by minxpipi | 2007-12-05 23:21 | コーチング

妥当性承認

前回のCTCモジュールの中で
「妥当性承認」というスキルを学びました。

これは、クライアントが何かに憤慨しているときや、傷ついて感情的な滞りがある場合に
コーチは正しい正しくないという審判をせず
同意や同調もせずに
相手の感情をもつに至った状況を汲み取り、承認を表現することで
その感情の水位を下げることができるというものです。

翌日、このスキルを使ったという同期生の報告を聞くことが出来ました。

なんでも、その方のご主人はお仕事で上手くいかなかったことなどを
帰宅後延々と話すことがあるのだそうです。
その度に彼女は、自分なりの言葉で励ましたり慰めたり、時には教えたりしたけれど
ほとんど効果がなかったそうで
今回このスキルを、今だ!と思って使ったところ
ご主人の反応が
「そうなんだよ。」の一言で終わったそうです。

いつもは延々と話しても、お互いスッキリすることがなかったけれど
このスキルを使うことにより
時間は短縮され、お互いになにか認め合ったような分かり合えたようなスッキリ感があったそうで
このお話をシェアしたみんなで「これは使えるよね~!」って納得しました。

私もこれは自然にマスターできるよう日々使ってみたいと思います。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-29 23:21 | コーチング

強み

先日、自分の強みを知る本を読んだことで
その強みをさらに強く感じて過ごしています。

もともと前向きな私ですが、さらに自分に響いたことで
現在一緒に学んでいるCTCの同期生の一人にも教えると
早速調べる~!と喜んでいました。

そして、マイコーチにもお話してみると・・・
「う~ん。僕は強みがたくさんありすぎて一つに絞れないから・・・良いね~読んでみようっと!」
というお返事でした。

どんな強みがあるだろう?ではなく
ありすぎて絞れないだなんて・・・

私のコーチがこの人で良かった!と嬉しく思った瞬間でした。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-22 23:40 | コーチング
本日、コーチングセッションデーでした。

前回のセッションで、これまでの1ヶ月を振り返り
クライアントさんに感想を聞いてみたところ「うやむやでした。」という答えを聞かせてもらったことで、コーチとしてこれからの改善点について
来る日も来る日も考えておりました。
マイコーチに聞いたり、本を読んだり、セミナーでも積極的に学んできました。

そして、今までの振り返りを自分でも行い
大きな改善点として「クライアントさんに関心をもつ」ということに焦点をあて望んでみました。

今日のクライアントさんは、最初から前回となにかが違っていて
私の短い質問にも
「う~ん。。」と言いながらも、深く内面を見つめるという作業を行っているように見えました。
コーチの私は、あらかじめ質問を用意することも無く
ただただ、クラインアントさんに関心を持ち
前回、リスニング対応が不十分だったことをふまえ
質問をし、よく聴いて、ポイントミラーバックを行う
ということだけを繰り返しているうちに
クライアントさんが、自分のことを次々と話し始めてくれました。
本当に、私はついていくだけというセッションをすることができました。

1ヶ月かけて「うやむや」だったことを振り返ったことにより
クライアントさん自身も、もっと有意義なセッションをしたいと思ってくれていました。
また、コーチに質問しても良いんだと思ってくれたようで
今日は自由で充実したセッションを行うことが出来た気がして
嬉しくてマイコーチに連絡したくなるほどでした。

「うやむや」だった1ヶ月も、クライアントさんにとって決して無駄ではなかったということですね。

次回からのセッションがさらに楽しみになっています。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-16 00:00 | コーチング