(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

カテゴリ:本( 45 )

正確に伝える

先日セミナーでお会いした方との会話の中で
「アサーティブネス」について話題になったのですが
「あぁ、アサーティブって、バシバシ意見をいうやつでしょ?」と言われて
少々驚きました。

伝え手である自分にとって
物事を「正確に伝える」ということの重要性を再認識した会話でした。



アサーティブについてマンガを使いながらわかりやすく書かれた本です。
自分も相手も大切にしたいからこそ
学びたいコミュニケーションの一つです。
win-winの関係とも言えますね。
d0124836_20463650.jpg

[PR]
by minxpipi | 2008-09-12 20:46 |

EQ

先日読み終えた本です。

コーチングでも学んだことですが
感情は感情でしかないけれど
大切にすべきものだろう
そんな気持ちになる機会が増えていました。

そんな折、この本を読んでみました。
d0124836_2020813.jpg

人と関わる仕事をしていると特に、相手の感情を理解することが必要になってきます。
そのためにはまず

自分の感情の状態を認識しそれを上手にコントロールすること

簡単なことではないかもしれませんが、これをトレーニングする方法が66書かれています。

「シックスセカンズ・ポーズ」
というものが今の私には「おぉ~」と感心したトレーニングでした。
激した感情というのは、6秒で少し落ち着くのだそうです。

感情に振り回されることなく、まずは6秒待ってみる!
これならできそうです。
[PR]
by minxpipi | 2008-08-20 20:27 |

3つの真実

少し前になりますが
本屋さんで手にとってなんとなく買った本です。
d0124836_2333286.jpg

「心の底で認めたものが現実化する」
「心の波長と同類の出来事が引き寄せられる」

謎のおじいさんが語るという切り口が
おもしろいですね。
[PR]
by minxpipi | 2008-07-04 23:11 |

不機嫌な職場

来月開催するセミナーで
「チームワーク」に関する事柄があるため
コーチング以外にも参考図書に目を通しています。

先日打ち合わせの前に時間が出来て
本屋さんで目に留まったのが「不機嫌な職場」
d0124836_17104736.jpg

今、職場で何が起きているのか
協力し合う企業に学ぶとして「グーグル」「サイバーエージェント」「ヨリタ歯科クリニック」の例が紹介されています。

感謝、認知の重要性では
ブログやSNSに
人はなぜこれほどまでに自発的にかかわるのだろうか?という問いから
認知がもたらす効力感までわかりやすく書かれていました。

職場に限らず
人とのかかわりの中で
「どうも」でも「すいません」でもなく
「ありがとう」という言葉を増やせると、何か変わるのかもしれないという
可能性を感じた本でした。札幌 歯科 コーチング
[PR]
by minxpipi | 2008-05-30 17:23 |

NLP

先月後半からは、少し時間ができたので
本を読んでいます。
先日読み終えたのがこのNLP関連の「NLP理論」です。
d0124836_18313586.jpg

実践的なものに触れてみたくて購入したのですが
内容としては
私がコーチングを学んだ「CTC」で紹介されていたものがほとんどと言っていいくらいでした。
ですので、自分としては復習をした感じでした。

改めて「CTC」では幅広い学び方をしたのだな~と実感しました。
[PR]
by minxpipi | 2008-05-12 18:31 |

ソース

CTCテレクラスの授業で紹介されていた本を読み始めました。
d0124836_22254512.jpg

「自分の存在意義を見つけ、自分の中に隠れている情熱を再発見しましょう。
まわりの人たちから教えられたことや自分自身の思い込みのせいで、私たちは自然な衝動を抑圧してきました。
本当に心が求めるものを再発見しましょう」といったことが書かれています。

私が本当に好きでわくわくすることはなんだろうと考えていました。

過去の経験を振り返り、私は「創造」することが苦手だという思い込みがあったように思いました。
今はどうかと言うと
例えば、研修やセミナーの依頼を受けた時
そのニーズに合わせてプログラムを組み立てることや
そのプロセスをとても楽しんで出来ているように思います。

いつでもその時の自分に出来る限りのベストを目指して
また
常により良いものを提供できる自分でいられるよう学ぶということにも
わくわくしています。網走 コーチング
[PR]
by minxpipi | 2008-04-21 22:41 |

冒険

私が尊敬するコーチの方から
先日勧めていただいた本がこれです。
d0124836_23491913.jpg

「あなたの人生における最高の冒険になるだろう」と帯には書かれていて
数多くのリーダーから、マネジメントの本質を知った!等の評価を得ているのだそうです。

この本を読んで得られることの一つに
「大切な人間関係を築き直す鍵を学ぶ」とあり、とても興味深いです。
仕事の合間を縫って、内容をじっくり味わいながら読み終えたいと考えています。
[PR]
by minxpipi | 2008-01-14 23:48 |

ファシリテーター

先日、本屋さんでなんとなく目に留まって買ってきたのがこの本。
d0124836_20103415.jpg


「ファシリテーター」なんて聞き慣れない言葉だったけれど
サブタイトルにつられて買ってきました。

調べてみると、こんな違いです。

インストラクター
: 指導者・伝授タイプ: ・オリエンテーション
               ・機器の使い方の説明
               ・知識・技術の習得
インタープリター
 : 解説者・仲介タイプ: ・自然観察会
                ・他のものからのメッセージを解説する
ファシリテーター
: 促進者・触媒タイプ: ・体験学習
               ・参加者自身の気づきを促す

で、明後日からの三日間は、ファシリテーターに関するブートキャンプに入隊してきます。
クリスマスを有意義に過ごしてきます^^
[PR]
by minxpipi | 2007-12-21 20:08 |

旅のお供はNLP

明日明後日はCTC2回目のモジュールがあるため
東京へ行ってきます。

先週札幌で同じ2回目のモジュールを受けた同期生が
受ける前と後では別人のように変化していました。(本人は否定していましたが)
変化というのはもちろん「良く」なっているのですが
前向きなエネルギーに満ち足りている様子で
先週の彼よりもずっと潔くてカッコよい感じを受けたので、それを伝えると
それは受け止めてくれましたが^^
彼の変化を見て、このモジュールを受けることがさらに楽しみになっています。
d0124836_13441055.jpg


そんな訳で、東京までの移動中
今日届いた「NLP」(神経言語プログラミング)の本を読むことにします。
NLPは自分の頭脳を積極的に使いこなすこと、たとえば人間の記憶や学習の仕組みを研究するものなど・・・と書いてあります。
これはコーチングの分野でも使われるもので
先日のテレクラス(電話授業)でも一部触れられました。
「視覚」「聴覚」「体感覚」の3つのタイプに分けて
クライアントの得意とする表現方法をコーチが使うことにより
よりコミュニケーションがスムーズになるというようなものでした。

このタイプ分けは簡単なテストでしたし
NLPの中でも、このようにコーチングに使える部分だけをピックアップして聞いたのですが
私の強みの中の「最上志向」が
NLP全体を知りたいという気持ちにさせるのですね。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-23 13:44 |
先日PHPの実践セミナーで、コーチング流タイプ分けに取り組むワークがありました。
このタイプ分け、血液型なんかよりもずっと説得力もあり当たっているんですよね。
(講師の方は、血液型診断は洗脳の部分が大きいと仰っていました)

人はそれぞれ違う。
相手が自分と同じように感じるわけではない。
相手を動かすには、自分と相手の物事のとらえ方を知り
もっとも効果的なアプローチ法をとることが必要
との考え方が書かれているのがこの本です。
d0124836_23571040.jpg

セミナーでとても興味深い結果が出たことで
もっと詳しく知りたくなり、この本を教えてもらって購入しました。

コミュニケーションの中でコーチに求められることの一つとして
相手を理解し、相手が受け止めやすい形で伝えたいことを伝えていくということがあります。
そのために開発されたのが、このタイプ分けです。

その診断テストとタイプ別による特徴が詳しく書かれています。

ここで何を取り入れるべきかというと
自分や相手のタイプを「あてる」ことだけに焦点をあてるのではなく
相手のタイプを予想し、自分のアプローチ法を変えてみる
つまり、相手に合わせたアプローチをするときに
一つの指標になるものだということです。

四つのタイプは以下の通りです。

・人をも場をも支配しようとするコントローラータイプ
・人に影響を与えたいプロモータータイプ
・人間関係がなにより大事なサポータータイプ
・沈着冷静慎重派アナライザータイプ

ちなみに私は典型的な「サポータータイプ」です。
[PR]
by minxpipi | 2007-11-22 00:07 |