(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

カテゴリ:自分( 25 )

お知らせです

私がコーチングを深く学んだトレーニングスクールの一つである
株式会社CTCに正式に参画することになりました。

社員ではなく協働関係になる、ということです。

これまでのCTCは、コーチ育成のためのプログラムが主でしたが
今後は、コーチを目指す人もそうでない人にも
「自分や相手が本来持つ力を存分に発揮できるようなコミュニケーション」
つまり「エンパワメントコミュニケーション(ECコース)」を伝えるということを大切に扱うようなプログラム編成になっています。

このことは、私がこれまでエンジェルコーチングとしてセミナーや講演を行ってきた目的の一つである
「その人が本来の力を発揮できるようサポートする」ことにダイレクトに繋がります。

是非「エンパワメントコミュニケーション(ECコース)」をより多くの人々に伝えたいと強く思うようになりました。
CTCコース案内

そしてまたCTCは
組織としても新しく組み立てられることになり
私もその一人として参加しています。

これは以前にも記事にした「コーチと仲間として協働、共に創る」ことの現実化です。

というのも、私のように正式に参画している人たちは全員プロコーチであり、当然さまざまな背景、経験を持ち、しかも独立しています。
それぞれが刺激的で、強力な助けとなることをお互いに自覚しつつ
それぞれの歩みを進めています。
 
この仲間とのミーティングは非常にクリエィティブで
対等で
オープンで
オーセンティック
だから、かなりパワフルです。

今後は、CTCとしての活動とエンジェルコーチングとしての私個人の活動
二つの顔を持つこととなりますが
根本思想は同じです。

どちらの私も一貫して
誠実に、愛を持って、力強く「伝える」ことをしていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by minxpipi | 2009-07-01 11:48 | 自分

出会い

コミュニケーションをより深く学びたいという思いは留まることがなく
今週末から新たに学びを深めています。

学びを深めるにあたり
素晴らしい出会いにも恵まれます。

今回の出会いは
数年前、コーチングを学び始めたころに思い描いたヴィジョンを思い起こすきっかけにもなりました。

私が当時思い描いた「自分がコーチになってそれらを叶えている自分」とは・・・
高層ビルの最上階にある
仲間と共有しているオフィスで
打ち合わせの電話をしている
という自分でした。

その時は
「自分にはこんな望みがあったのかなぁ?」とか
「自分にはちょっと遠いかもなぁ?」とも思った記憶がありますが
今日の出会いをきっかけにそれを思い起こした時

あり得るかもと思いました。
可能性を感じました。

そんな風に思えるほど
私に刺激や影響を与えてくれた出会いに感謝しています。
[PR]
by minxpipi | 2009-06-14 21:06 | 自分

エコでお得

今日は午後から時間があったので
エルプラザへ講座のチラシを置かせていただきに
自転車で行ってまいりました。
d0124836_20401850.jpg

所定の場所に「人間力を上げるコーチング講座」のチラシを置かせていただき
エスカレーターを下ると
以前お友達から紹介していただいた、中国の知人に偶然お会いできました。
こちらから声をおかけすると
「日本のコミュニケーションについてお話ししたかった」と
立ち話でしたが少しお話しすることができました。

彼女のお話は大きく分けてふたつありました。
「日本人のコミュニケーションは分かりにくい」ということ
「違う習慣を認めないというところがある」ということでした。

頷けることが多々あるのは私だけでしょうか・・・・?

「察する」ことが美徳とされ
「こんなこと言わなくたってわかるだろう」(愛してるとか・・・^^)
として口にしなかったり
遠まわしに言ってみたり
表情や態度で言葉と違うことを表してみたり・・・

私たちは、相手に伝わるような伝え方を今一度考える必要があると感じます。
相手が受け取り易いボールを投げるということですよね。

そしてもう一つ
「違い」をいったん受け止めるというスタンスも必要です。
これは「Yes,and」のスタンスです。

私とあなたは違う、違って当然だし
違うからこそ力を合わせて創造できるのでしょう。

時間にして5分ほどでしたがとても有意義な会話でした。

そして、自宅まで向かう帰り道
石川コーチとすれ違い、思わず声をかけてしまいました。
「これから講座ですね、頑張ってください~」とお話ししたのですが
お別れしてから自分が名乗ってないことに気が付きました。。
今度からはまず最初に名乗るように気をつけます。。

初めて自転車で行ってみましたが
偶然に素敵なお二人にお会いできて
エコで得した気分の一日でした。
[PR]
by minxpipi | 2009-06-09 20:31 | 自分

チャレンジしてみる

ここ数年で「新しいこと」には
いろいろとチャレンジしてきたように思います。
それ以前が停滞していると感じていたので・・・

今日、数か月前から検討していた
「自転車」を購入しました。
d0124836_23462484.jpg

以前自転車に乗ったのは、たしか中学生のころ・・・
二十数年ぶりの体験、これもまた「新しいこと」へのチャレンジです。

最初の内的対話は・・・
「んん~たぶん乗れるよ~」
店員さんに、いろいろと質問をして説明を受け
お礼を言ってお店を出てすぐに
「ちょっと試しに・・」と足をかけて
転倒しました。。
もうちょっとで、自転車置き場の自転車を将棋倒しにするところでした。(冷汗)

今の転倒の原因はちょっと道が狭かったからだ・・・
次は通りに出てからこいでみます。
「きっと乗れるし大丈夫!」っと踏み出すと
なんとかこげるようになりました。
内的対話を続けながら、周りに気を配り、前を向いて走ることが出来るようになりました。

新しいことに一歩踏み出す時に
少なからず不安を感じるのはもっともなことです。

それでも勇気を持って踏み出せたからこそ
新しい世界が開けるものですね。

この夏は自転車に乗って、気軽にいろいろなところに行ってみようと思っています。

あ、ちなみに自宅についた途端にもう一度転倒しました。(涙)
おり方にも工夫が必要だということを学びました。。
[PR]
by minxpipi | 2009-05-20 23:46 | 自分

ありのままで

名刺繋がりですが・・・

名刺交換をさせていただいたことがきっかけで
セミナーや講演のご依頼をいただくことがあります。
実際にお会いして声をかけていただけるということは
本当に嬉しいことです。

ただ
ほんの数回前までは
緊張することが多かった・・・

回数を重ねるごとにその度合いは低くなってはいたけれど
最初の数分はどうしても緊張するということがありました。

先月から、ありのままの自分を見つめるワークをしていて
はっとしたことがありました。

私は常々
人はそのままで、地位や名誉などに関係なく
そのままで十分に素晴らしい存在だと
人に話したりしていたのですが
自分のことだけはそう思えていなかったのでした。

スキルやスタンスは伝えることはできるけれど
自分のことなんて大したもんじゃないし・・・

本当にずっとそう思ってきました。

でも
講演の内容を組み立てるときに
最近どうしも外せないと思うようになったのが
「自分だけの経験」
本来はこれを話すのが普通なのかもしれませんが
つい最近まで、ほんの一例としてしか話せなかったのです。

思い切って話してみると
あら不思議☆
無駄な緊張感がす~っとどこかへ消えてゆきました。

今の自分に依頼してくださったということは
ありのままの自分で今出来ることを精一杯やれば良いんだ
ということを
こんな簡単なことを
頭ではなく体でわかったという感じです。

学びは続けますが
ありのままの自分にも
OKを出しながら歩んでいきたいと思っています。
[PR]
by minxpipi | 2009-05-15 20:24 | 自分

ライバル?!

自分がコーチと名乗って名刺交換をするとき
違和感を感じる場面があります。

それは
交換した相手もコーチだった場合
「ライバルですね!」と言われること。。

私は相手から頂いた名刺に「コーチ」と書いてあると
純粋に嬉しくなります。
「あぁここにも話を聴いている人がいた♪」
そしてちょっとした仲間意識も芽生えたりします。

ですから「ライバル」と言われることにとても違和感を感じるのです。

コーチングをセミナーや講座でお伝えするとき
是非コーチになって下さいね!とお誘いすることさえあります。

なぜなら、相手の話を聴けて心からサポートするという思いで
皆が人と関わりあえたなら
「笑顔」が増え
「組織の活性化」が間違いなく起こり
その先には「競争」ではなく「共創」があり
もっと先には、心の中にも現実世界にも「平和」が訪れるのではないかと
私たちの未来に期待ができるからです。

そのために、今私に出来ることが
パーソナルコーチングのほか
コーチングのスタンスやスキルをお伝えすることなのです。

もちろん、コーチングだけが万能だとは思いません。

習わなくても出来ている「ネィティブコーチ」の方もいらっしゃいます。


私にとって「コーチ」は
ライバルではなく
共に何かを創りだせる仲間であると思っています。
[PR]
by minxpipi | 2009-05-13 18:23 | 自分

HP

GWみなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、大阪から遊びにいらしたお客様と一緒に
札幌市内の観光名所を楽しんでおりました。

大倉山は、眺めが良いだけでなく
さまざまな体験アトラクションがあり、お勧めです^^
d0124836_22161789.jpg


GWにHPをリニューアルいたしました。
多くの方にご協力いただいて
今現在、発信したいものが出来上がりました。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

お時間がありましたら是非ご覧くださいね!

エンジェルコーチングHP
[PR]
by minxpipi | 2009-05-07 22:21 | 自分
今月から念願のスポーツジムに通い始めました。
d0124836_22565481.jpg

たまたまCHPのセミナーでペアワークをした方が
東京でこのジムのインストラクターをしていらして
その方に勧めていただいたプログラムを続けています。
週に2回トレーニングしているのですが
全身の大きな筋肉すべてに効いています。。

今日のトレーニングは、東京は青山店から転勤してきたトレーナーの方が担当してくださったのですが
その方の二の腕を見たときに
これだっ!と思ったのです。

本来思っていた目的は
体力をつけることだったのですが
見た目でわかりやすい変化のひとつに
理想の二の腕になるということも加わり
一気にモチベーションが上がりました。。

ヴィジョンが明確であるほど
到達しやすいものです。

継続は筋肉なりぃ~(笑)
[PR]
by minxpipi | 2009-04-23 23:04 | 自分

感性

先日、最近仲良しになった友人と美術館へ行き
様々なアートに触れてきました。

そこには非日常的な表現が溢れていて
私自身、最近感じていなかった自分の感性に触れた瞬間でした。

一枚の絵画から
感じ取ることは人それぞれで
自分が感じたこと自体にも
そこが見えた自分とは?
などと考え始めると
内なる対話が尽きることなく行われます。

そして
自分がそう感じたこと自体を
「ほぉ~」と肯定的に受け止めることも
楽しんでやってみました。

私ってこういうものを見てこう感じるのか~ほぉ~っと
Yes,andのスタンスで♪

そうすると
自分以外の人が
自分と違うように感じ取っていることも
同じスタンスで「ほぉ~」と受け止めることが簡単になります。

人は違って当たり前ですものね。
[PR]
by minxpipi | 2009-03-01 19:20 | 自分

やってみる

コーチングスクールで同期だった彼にこんな言葉をもらったことがあります。

彼「みんなが”この崖は降りて大丈夫かな?”って一歩ずつ足を出したり下がったりしているときに君はひとり、すでに崖の下にいたりするよね。」

私「で、ところどころ打撲したりして痛がってるけど、崖の下から”なんとか大丈夫だよ~”って叫んでる感じ?」

彼「そうそう」


私自身、新しい取り組みやチャレンジすることに恐れを感じないということはないけれど・・・

やってみなくちゃわからない!

というのが正直なところです。

まずはやってみなければ、そのことが好きか嫌いか得意か不得手か
足りないことは何なのか、続けたいのかミッションなのか・・・etc

あるセミナーでこんなことを聴きました。

「成功おたくっているよね?こちらから何か情報を伝えると、あぁそれ知ってる知ってるって言いながらなにもしてない人。」

知識×行動という掛け算に例えて

知識(1)×行動(0)=0 になってしまうと。

いくら知識があっても何もしなければそれは0と同じ。

ダイエット法をたくさん知っているけれど
ひとつでも行動しなければなにも変わらないと。

そして
ひとつでも行動を起こせば一つの知識は何倍にもなると。

だから私はまず「やってみる」のです!

"幸運は積極的に活動した人に起こりやすい”
(「その幸運は偶然ではないんです!」より)
[PR]
by minxpipi | 2009-01-25 10:02 | 自分