(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

カテゴリ:自分( 25 )

2008年

今年も残すところ数時間となりました。

この2008年は私にとって
学びの多い、素晴らしい出会いに恵まれた一年でありました。

学びを頂いた全てのことに
巡り合えた全ての皆様に
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

そんな今年を一文字で表すと
「知」
だったように思います。

来年もみなさまに感謝しつつ
一日一日を大切に過ごしたいと思います。

最後に
いつも当たり前のように
「学びの場」へ送り出してくれた家族に
感謝したいと思います。

いつもありがとう。
これからもよろしくね♪

みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください☆
[PR]
by minxpipi | 2008-12-31 16:59 | 自分

インサイドアウト

先日「経営者・リーダーのための経営セミナー」を受講してきました。

経営セミナーといっても
難しく理論や戦略を与えられるものではなく
むしろ、ディスカッションを通じて自身を見つめ直し、内側から答えを探るようなものでした。

まさに「インサイドアウト(すべての変化は内側から起こる)」です。
インサイドアウトは、私が学んだCTCでも
また、私自身も大切にしている考えです。


経営に関して深く考える機会に
あることを思い出しておりました。

20代の終わり、夫の開業に伴い私自身も
過去に無いさまざまな経験をさせてもらいました。

経営に携わる一方で、私自身がそれまで積み上げてきたキャリアを日々活かせていたことが
当時の原動力になっていたように思い返しています。
とにかく毎日必死で働いて、気がつけば季節も変わっているような日々でした。

ある時、スタッフについて
コンサルタントの方にこう注意されたことがありました。
「○○さん、スタッフは家族じゃないんですから。」と。

その時、「そんなことわかってる!わかってるけど・・・」と心の中で思うばかりで
知識や度胸、表現力もない私は反論することも出来ずにおりました。
けれども、なにかしっくりこない・・・納得できてない思いがあったため
今もこうして記憶に残っているのだと思います。

今思い返すと、当時コンサルの方は「IQ的」発言で
私が伝えたかったことは「EQ的」だったのだろうと推測します。

そしてまた私の場合、こんな経験から「持論」というものが形成されていくのでしょう。

スタッフは当社にとって大事な宝だと思っています。
だからこそ、お互いに技能や心を磨き合うことが出来ます。
社会的立場の違いはあっても、人間として「対等」であることを忘れたくありません。

そしてこの思いを大切にし、実際の行動に移せていること
これこそが「インサイドアウト」だと思う毎日です。
[PR]
by minxpipi | 2008-09-03 19:28 | 自分

微笑む瞬間

7月8月は
インストラクターとしてのスキルアップとして
札幌・東京へと週末ごとに出張でした。

今週はひと段落と言ったところですが
週末からは後半戦ということで
また札幌・東京と続きます。

学びというのは尽きないものですね。

さて、そんなめまぐるしい日々の中でも
タイトルの「微笑む瞬間」について
ふと考える時間がありました。

街角で歩いているとき
ある光景を見て
ふと微笑んでしまう瞬間があったのですが
そこに何が見えたから、自分は微笑んだのだろうか?と考えてみると
そこには「愛」が見えたからだということに気がついて
あぁ、なるほど~と妙に自分に納得していたのでした。
(道端でニヤニヤしている私って。。。)

私は犬が好きなので
犬を見ると無条件に顔がゆるむのかと思っていたのですが
どうやら私のスイッチというのは
犬の表情や視線に
人間に対する「愛」が見えた瞬間に入るようです。

もちろん、人間からも見えることがありますが(笑)。網走 コーチング 歯科
[PR]
by minxpipi | 2008-08-12 14:14 | 自分

思い込み

先週末は札幌でCTCモジュールがあったので、お仕事も絡めて行ってきました。

今回はJRで行ったのですが
大きな荷物をごろごろ転がして、少し急ぎ足でタクシーに乗り込みました。

最近は、タクシーの運転手さんとも会話を楽しむ機会が増えたのですが
ちょうど悪天候だったこともあって
「今日あたりはお忙しいですか~?」と聴いてみましたら
「いやぁ、北海道の人はこのくらいの雪じゃタクシーに乗りませんから。東京の人とは感覚が違いますから^^」
って、北海道の人の特徴をいろいろと説明してくださいました。。

結局最後まで、まさか私が網走から来たとは言い出せずにタクシーを降りることになりました(笑)

彼の中では、札幌駅で大きな荷物を抱えてタクシーに乗ると北海道の人ではないという思い込みがあったのでしょうね。

どんな会話のコミュニケーションも無駄ではなく、時に参考になったり、時に反面教師だったりします。
そんなことも楽しめる自分が、おもしろくもあります。

そしてさらに、マイコーチとそのことに関して分かち合えることも
今の自分にとっては楽しみの一つでもあります。
[PR]
by minxpipi | 2008-02-18 22:37 | 自分

新年

2008年になりました。

この一年コーチとして活動していくために
まずは、自分のスタンスを明確にしておくことから始めたいと思っています。

明日から仕事始めです。

お正月休みで十分休息できたので
良いスタートダッシュが切れそうです。
[PR]
by minxpipi | 2008-01-07 23:48 | 自分