(財)生涯学習開発財団          認定コーチ           CTC認定プロコーチ     CTCインストラクター    サンタフェNLP発達心理学協会NLPプラクティショナー


by minxpipi

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年

2009年ももう終わろうとしていますね。

今年は私にとって、変化の大きい年でした。
愛犬が亡くなったこと
引っ越しをしたこと
学びを深めたこと
新たに学んだこと
新たな出会いがあったこと
大切な人との親交がさらに深まったこと

その度に自己探求をしてきたように思います。

様々な概念に興味があった昨年に比べ
今年は精神、内的要素に関する事柄に興味がありました。

また、自分良く知る機会を得られたことも貴重な体験となりました。

それら全てはやはり自分一人では学ぶことは難しく
人との関係の中で得られたことがほとんです。
私と関わって下さった方、応援して下さった方に心から感謝いたします。

今年得られた体験をリソースとし
来年も自分としっかり向き合いつつ前進したいと考えています。

みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください!
[PR]
by minxpipi | 2009-12-31 13:47 | 自分

金メダルは4等分

11月に、レスリング金メダリストの吉田沙保里さんと栄ヘッドコーチの講演を聴きました。

吉田さんはつい最近も、手首に疲労骨折をしながらも勝ち抜いたとTVで報道がありましたね。

そんな、世界で競うほどの力をつけてきた彼女が
メダルに関しての思いを語ってくれたのが印象的でした。

「金メダルは4等分と思っています。
1つは、やはり両親あってのメダル。両親が産み育ててくれたからこそ、自分があるのだから。
2つは、自分。だって本人頑張ったもの~!
3つ目は、今まで自分と関わってくれた全ての人々、隣近所のおばさまおじさま、小学中学など教えてくれた先生方、北海道から沖縄まで全国の指導者、飛行機や新幹線に乗った時に「頑張って」などと直接声をかけてくれた皆様、そんな皆様のおかげ。
4つ目は、未だ直接お会いしたことはないけれど、TVの前で応援してくれている人、自分が負けたとき新聞記事見て「あぁ残念だったな吉田~」と思ってくれた人、自分のことを心配してくれている全ての人々のおかげ。

金メダルは、そんな全員に感謝して4等分だと思っています。」

そんなお話をしてださいました。

「怪我をしたならしたなりの進む道がある」

どんな状況であっても「この状況でどうすれば良いか?」を考えることの大切さも伝わってきました。
次のロンドンでの活躍も楽しみです。
[PR]
by minxpipi | 2009-12-30 13:33 | セミナー

メリークリスマス☆

クリスマスの思い出と言えば
サンタさん。

イヴの夜には
煙突から室内までサンタさんが入ってこられるようにと
母と一緒に、ストーブの表枠をワクワクしながら外してから寝ました。

翌朝、枕元にプレゼントがあったとき
どうして私の欲しいものがわかったの?!サンタさん!と驚いて屋根の上を見上げたものでした。

幼いころのクリスマスの思い出は
いつまでも心に残る温かいものです。

あなたのクリスマスの思い出はどんなものですか?

メリークリスマス☆
[PR]
by minxpipi | 2009-12-24 19:12 | 自分

出張のお供

今回、京都往復の移動時間に読んだのはこの本です。

「愛とは、怖れを手ばなすこと」
d0124836_23381755.jpg

ジェラルド・G・ジャンポルスキー著

愛を与える人になりたいか?それとも愛を求める人になりたいか?

私が伝えるCTCのコーチングでは
コーチのスタンスとして「ノンジャッジメント」というものがあります。
クライアントが何か発言したり行動したりした場合
コーチの主観で「それは良い」とか「悪い」とか審判せずに聴くというものです。

コーチである場合は可能ではありますが(ジャッジしてる暇はないですし)
普段、プライベートでは意識していないと意外とジャッジしている場面があります。

この本に書かれていることを完璧に行うには難しいと感じることもあるかもしれません。
だけれども、「自分がどうありたいか」にフォーカスすること
もういらないと思う「裁く」という習慣をやめる努力をするところからはじめるだけで良いとも書かれています。
[PR]
by minxpipi | 2009-12-15 23:48 |

POP

先日、CTC校長の中野美加さんが出版パーティのため札幌入りした日
「もしパーティの前に時間があったらお願いしたいのだけれど・・・」
私にお手伝いできることはなんだろうと思いましたら
現在販売中の本「ワンランク上を目指す人の巡環力」に
書店でつける「POP」を書いてほしいというものでした。

はて・・・
「POP」ってどんな風に書いたらよろし?
待ち合わせの時間までググりました。
手書きで味があって、絵や色遣いで目をひくものが良いのですね~

実際の作業はカフェにて行いました。
この本はビジネス書なので「絵」はいらないのですね~
文字の大きさはこのくらいで~などなど
1時間足らずだったと思いますが
汗汗でした~。。
d0124836_1982815.jpg

書店でもし見かけましたら
「あの人がカフェで汗かいて書いたものだわ・・・」と
どうか優しいまなざしでご覧下さいませ。。

初めての体験でございました。
[PR]
by minxpipi | 2009-12-14 19:08 |
I Need Your Love - Is That True?

「探すのをやめたとき愛はみつかる」人生を美しく買える4つの質問
d0124836_18355615.jpg

バイロン・ケイティ著

何か一つの事実に対して、「考え」があります。
たとえば
出張先で夫からメールが来ない。という事実。
それに対して「夫婦とは離れている時こそコミュニケーションをとるべき」という「考え」があると
「なぜ今夜メールをしてくれないのだろう?(怒)」→「もしかしたら・・・(悲)」のような考えや自分のパターンが次々と浮かぶ・・・そんな自分がちょっと嫌になる・・・などということはないでしょうか?

では、この「夫婦とは離れている時こそコミュニケーションをとるべき」という考えは本当でしょうか?
そして、もしこの「考え」がなかったとしたら、この人はその瞬間どのように過ごすことが出来るのでしょうか?

この本の中では「私はもっと認められるべきである」とか「彼女は僕を幸せにしてくれない」などを、問いなおす例がいくつも挙げられています。

もしかしたら、「相手のせいでこんなにひどい気持ちだ」というのは
自分の持つ「考え」によるものかもしれません。

すべてが頷けるというものではないかもしれませんが
対人関係で起こる「自分の中の怒りや悲しみ」から解放され
自分のありのままを認めるというきっかけになるかもしれません。

また、「自分の感情に責任を持つ」ということを実践するヒントになるかもしれません。
[PR]
by minxpipi | 2009-12-14 18:56 |

東京CTコース

先週末、東京で行われるCTコースにアシスタントとして参加してまいりました。

自宅を出る頃はまだ真っ暗でお月さまが綺麗。
d0124836_14504127.jpg

EC・ACと学びを続けてこられた皆様が
今回めでたく「コーチ」になりました♪

同じ学びをした仲間が増えて、嬉しい気持ちでいっぱいです。

次回も濃いぃぃ~学びを共にいたしましょうね!
[PR]
by minxpipi | 2009-12-11 14:53 | セミナー

出版パーティ

昨日札幌市内にて「中野美加出版記念パーティ」を開催いたしました。

直前にいろいろなことがあり(別記事で書きます~)
焦って会場入り、焦って準備となり
いろんな意味で「汗汗」でしたが
仲間が助けてくれてとても助かりました。(ごうちゃんありがとう~)

場の雰囲気は、そこにいる人たち全員で作られるものだと常々思っているのですが
今回、とても温かい雰囲気でお祝いすることが出来たこと
ご参加いただいたみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。

慣れない司会でお聞き苦しい点も多々あったことと思いますが
お祝いの席に免じてお許しくださいませ・・

個人的にも、久しぶりに会えた仲間や
初めてお会いできた同窓生
CTCのセミナーにご参加いただいていた方々にもお目にかかることが出来て
充実のひとときでした。

少人数で二次会まで行っていちごのスパークリングを頂いてきました。
d0124836_17275531.jpg

[PR]
by minxpipi | 2009-12-08 17:27 |